市立柏原病院 〒582-0005 大阪府柏原市法善寺1丁目7番9号

文字のサイズ変更はこちら文字のサイズを【小】に変更文字のサイズを【中】に戻す文字のサイズを【大】に変更
  • 当院について
  • 外来のご案内
  • 診療科・部門のご案内
    • 内科
    • 外科
    • 泌尿器科
    • 整形外科
    • 小児科
    • 産婦人科
    • 眼科
    • 耳鼻咽喉科
    • 皮膚科
    • 放射線科
    • リハビリ
    • 看護部(副院長兼館後部長挨拶)
    • 薬剤科
    • 臨床検査科
    • 栄養管理科
    • 地域医療連携室
    • チーム医療:(NST)栄養サポートチーム
  • 特定健診のご案内
  • 所在地・アクセス
  • 看護部のご案内
  • 地域医療連携室
  • 柏原病院 送迎循環バス きらめき号
診療科・部門のご案内

外科:乳腺外科 外科:トップ 消化器外科 一般外科

乳腺外科 概要
 乳がんなどの乳腺疾患に関して、日本乳癌学会乳腺専門医が、 外来診察を担当、超音波検査、マンモグラフィー診断を行っております。

  万が一、乳がんと診断されたら、標準治療にもとづき、手術、 全身薬物治療(抗がん剤、ホルモン剤)、放射線療法を行います。

 標準治療というのは、その時点でもっとも効果が高いと 科学的に証明された治療法のことで、「標準」という言葉は決して「並」という意味ではありません。

 乳房温存の手術を施行された場合のみ、残存乳房に放射線照射が必要になりますが、 その間(約25日)のみ近隣の病院へ紹介し、通院治療していただきます。
それ以外の治療に関しては、上記の全ての最先端の治療を当院で受けることが可能です。

近年、乳がんの手術でわきのリンパ節を切除することを省略する 手術(センチネルリンパ節生検といいます)が、標準治療になりつつあります。
他施設同様、当院でも適応がありましたら、全例センチネルリンパ節生検を施行し、 良好な成績を得ています。また、乳房の温存が困難な症例などに対しても、 腫瘍の縮小などを目標に、積極的に術前化学療法を行っております。

乳房温存術の場合、手術の傷あとを目立たないようにわきの下や乳輪部に切開をいれ、 極力乳房そのものには傷をつけないようにしています。 

 やむをえず、乳房をすべてとらないといけない方で、 1期再建(乳がんの手術と同時に乳房の形成を行うこと)を希望される場合は、 当院形成外科非常勤医師と連携し、希望に添えるようにいたします。

乳がんのみならず、乳腺疾患は他にも良性の腫瘍などさまざまあります。 もちろん、そのような疾患に関しても、手術治療や厳重な経過観察をおこなっております。 乳房にしこりを感じたり、乳首から出血があるなどの症状がありましたら、 早めに当院を受診してください。

甲状腺がんなどに関しても、当院での手術が可能です。
乳腺外科 手術件数(2009年1月〜12月)
手術件数
乳がん手術 25例
甲状腺手術 6例

▲このページトップへ
当院について外来のご案内診療科・部門特定健診所在地・アクセス
市立柏原病院
〒582-0005
大阪府柏原市法善寺1丁目7番9号
TEL 072-972-0885
FAX 072-970-2120

●診療科
 内科 外科 整形外科 小児科 眼科 産婦人科 皮膚科 放射線科 泌尿器科
●診療受付時間 : 平 日 8:20〜11:15   12:00〜15:00                     
●診療時間 : 平 日 8:45〜12:00  13:00〜17:00
※診療科目によって診療日時が異なります。詳しくはこちら

所在地・アクセス
Copyright © Kashiwara Municipal Hospital All Rights Reserved.