• 当院について
  • 外来のご案内
  • 診療科・部門のご案内
    • 内科
    • 外科
    • 泌尿器科
    • 整形外科
    • 小児科
    • 産婦人科
    • 眼科
    • 皮膚科
    • 放射線科
    • リハビリ
    • 看護部(副院長兼館後部長挨拶)
    • 薬剤科
    • 臨床検査科
    • 栄養管理科
    • 地域医療連携室
    • チーム医療:(NST)栄養サポートチーム
  • 特定健診のご案内
  • 所在地・アクセス
  • 看護部のご案内
  • 地域医療連携室
  • 柏原病院 送迎循環バス きらめき号
診療科・部門のご案内

看護部:看護単位紹介 看護部:看護単位紹介

看護部:外来看護部:外来
 外来では、16の診療科と化学療法室、採血室、内視鏡室等を含む5つのブロックで構成し、外来看護師の視点で患者さんの状態に応じたトリアージなど、安心・安全な看護の提供に取り組んでいます。また、認定看護師による緩和ケア・ストーマケア・フットケアなど専門的な指導も行っています。

Aブロック
一般内科部門。高齢者の方も多いため、患者さんの状態に応じた看護を心掛けています。消化器・肝胆膵・循環器・呼吸器・糖尿病内分泌・神経内科などの患者さんに対して、一人一人の状況に合わせた生活指導、療養調整など多職種と連携をとりながら行っております。
Bブロック
小児科・整形外科・外科部門と外来化学療法室。小児科では一般小児科の診察から内分泌や神経外来などの特殊外来、予防接種や乳児健診など発達段階をふまえた看護を行っています。
整形外科では骨折全般に対する手術、頚椎症・椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症などの脊椎外来、変形性関節症に対する人工関節置換術など関節外傷の手術をしています。高齢者の患者さんも多く、検査や手術に関する説明をわかりやすくていねいに行っています。
外科では消化器外科・乳腺外科を中心に、癌の診断から治療まで多職種が連携し、チームで対応しています。
また、化学療法室では専任の看護師が安全で安心して治療が行えるよう、副作用に対する指導や精神的サポートを行っています。
Cブロック
泌尿器科・産婦人科部門。泌尿器科全般と前立腺癌の治療を積極的に行っています。産婦人科ではあらゆる世代の女性の健康・母子保健の向上に努めています。
Dブロック
眼科・皮膚科部門。眼科では積極的に白内障の手術(日帰り手術を含む)やレーザー治療を行っています。皮膚科では皮膚、皮膚付属器に関する疾患全般に対応しています。
また、皮膚腫瘍、外傷、熱傷などに対する手術治療も行っています。眼科では視能訓練士と、皮膚科では皮膚排泄ケア認定看護師と連携をとりながら、質の高い看護の提供を目指しています。
Eブロック
放射線科・内視鏡部門。放射線科では、各種単純レントゲン検査、造影検査、CT、MRI、マンモグラフィ(MMG)、血管造影検査、骨塩定量検査などを行っています。また、肝臓癌に対する塞栓術やラジオ波治療も行っています。
MMGでは低線量で検査できる最新の撮影機種を取り入れています。内視鏡部門では、上部・下部消化管内視鏡検査、消化管の早期癌に対する粘膜下層剥離術や進行癌に対するステント治療などの内視鏡治療、膵胆系内視鏡検査(ERCP)、ERCPを用いた胆管結石除去術や胆管癌に対するステント治療、気管支内視鏡などを行っています。さまざまな検査や処置に対応できるよう新しい知識や技術の向上に取り組んでいます。



  
▲このページトップへ
看護部:手術室看護部:手術室

 手術室は、無菌的な手術を行うバイオクリーンルームを含む5室を備え、24時間体制で帝王切開などの緊急手術にも対応しています。手術前には患者さんへ写真を用いた手術室内の説明と、全身麻酔時の合併症の説明を行い、患者さんが安心して手術を受けられるよう、術前・術中・術後を通してのケアに取り組んでいます。



  
▲このページトップへ
看護部:東3病棟(病棟カラー:ブルー)

 HCU(ハイケアユニット)は診療科を限定せず、救急搬送で集中治療の必要な方や全身麻酔手術後、循環器疾患の急性期など重症度の高い患者さんが入室されます。
集中的に高度医療・看護を提供するため、幅広い知識と技術で、ご家族を含め、誠意のある看護ケアの提供に心掛けております。

 

▲このページトップへ
看護部:東3階(病棟カラー:ブルー)看護部:東3階(病棟カラー:ブルー)

 当病棟は、外科・整形外科・泌尿器科・小児科の混合病棟です。 手術治療を必要とされる患者さんが中心であり、入院された時から退院後の生活を見据えた関わりを多職種で行っています。小児科では、0歳から14歳までの発達段階に応じた看護を行い、また急な子供さんの入院により不安を抱かれるご家族の安心に繋がるサポートを心掛けています。 

  
▲このページトップへ
看護部:地域包括ケア病棟(病棟カラー:パープルー)看護部:地域包括ケア病棟(病棟カラー:パープルー)
 当病棟は、急性期治療により病状は安定されたが、自宅や施設での療養に不安がある患者さんに対して、診療・看護・リハビリ機能訓練を行っています。地域連携室の相談員やリハビリテーション科スタッフと協働し、入棟時からより良い在宅復帰を見据えたケアを行っています。

  
▲このページトップへ
看護部:緩和ケア病棟(病棟カラー:オレンジ)看護部:緩和ケア病棟(病棟カラー:オレンジ)

 当病棟は、患者さんとそのご家族の思いや苦痛に寄り添いながら、その人らしく穏やかな毎日を過ごして頂けるように、心のこもったケアと共に、がんによる身体と心のつらさが少しでも和らぐように多職種で連携しチームで関わっています。季節ごとの飾り付けや行事などを取り入れ、四季の変化を感じて頂けるような病棟づくりも心掛けています。

  
▲このページトップへ
看護部:西4病棟(病棟カラー:ピンク)看護部:西4病棟(病棟カラー:ピンク)

 当病棟は、産婦人科・内科・整形外科・眼科・がん化学療法を行っている混合病棟です。
産科では、地域の妊産褥婦さんのために安心・安全な妊娠から分娩・産後までの援助を行っています。入院前から「ママと赤ちゃんの母子健康相談」を行い、また、産後お祝い膳やおやつのリニューアル、希望される方には、退院まで赤ちゃんと過ごせる母児同室にも対応しています。様々な不安を抱える妊産婦と患者さんへ、心のこもった安心・安全な看護を心掛けています。

  
▲このページトップへ
看護部:西5病棟(病棟カラー:グリーン)看護部:西5病棟(病棟カラー:グリーン)

 当病棟は、狭心症、心筋梗塞などの循環器疾患の患者さんを中心に、消化器疾患、がん化学療法などを行う病棟です。急性期から回復期、退院を見据えた生活指導、家族支援を実践することで、患者さんの満足につながる、心温かい看護を心掛けています。

 

看護部:西5病棟(病棟カラー:グリーン)看護部:HCU(ハイケアユニット)

 HCUは重症度や看護の必要度が高い患者さんを受け入れています。専門的な知識や技術、判断力・倫理に基づく看護観を兼ね備えることを目指し、患者さんとご家族に満足して頂ける看護に努めています。

▲このページトップへ
当院について外来のご案内診療科・部門特定健診所在地・アクセス
市立柏原病院
〒582-0005
大阪府柏原市法善寺1丁目7番9号
TEL 072-972-0885
FAX 072-970-2120

●診療科
 内科 外科 整形外科 小児科 眼科 産婦人科 皮膚科 放射線科 泌尿器科
●診療受付時間 : 平 日 8:20〜11:30   12:00〜15:00                     
●診療時間 : 平 日 8:45〜12:00  13:00〜17:00
※診療科目によって診療日時が異なります。詳しくはこちら

所在地・アクセス
Copyright © Kashiwara Municipal Hospital All Rights Reserved.

TOP