市立柏原病院 〒582-0005 大阪府柏原市法善寺1丁目7番9号

文字のサイズ変更はこちら文字のサイズを【小】に変更文字のサイズを【中】に戻す文字のサイズを【大】に変更
  • 当院について
  • 外来のご案内
  • 診療科・部門のご案内
    • 内科
    • 外科
    • 泌尿器科
    • 整形外科
    • 小児科
    • 産婦人科
    • 眼科
    • 皮膚科
    • 放射線科
    • リハビリ
    • 看護部(副院長兼館後部長挨拶)
    • 薬剤科
    • 臨床検査科
    • 栄養管理科
    • 地域医療連携室
    • チーム医療:(NST)栄養サポートチーム
  • 特定健診のご案内
  • 所在地・アクセス
  • 看護部のご案内
  • 地域医療連携室
  • 柏原病院 送迎循環バス きらめき号
診療科・部門のご案内

がん関連情報について

拠点病院の指定
大阪府は2015年より、がん診療に携わる専門職の人員配置や診療実績などを従来より厳格に評価し、集学的治療の充実や、緩和ケア、がん相談支援などが高い水準で行われている病院を実地調査して「大阪府がん診療拠点病院」の指定を行っております。 当院は2016年4月に新規指定されました。今後も治療環境と職員教育を充実させ、地域の医療機関との連携を深めることにより、さらに質の高いがん診療を提供できるように努力いたします。
がん緩和ケアチーム

緩和ケアとは

『緩和ケア』という言葉をご存知ですか?これまで、日本のがんの治療は「手術」「抗がん剤治療」「放射線治療」というものが主流で、治療が終了してから緩和ケアに切り替えられていました。 しかし近年では、『緩和ケア』をがんと診断された早期から他の治療と並行して取り入れようという動きが高まっています。

 「緩和ケア=終末期医療」というイメージを持っている人も多いと思いますが、WHO(世界保健機関)も2002年の改定で「緩和ケアは、がん治療の早期から開始すべき積極的な医療」 として概念づけており、治療の初期段階からの実施が推奨されています。

がんに伴う苦痛は、痛み、息苦しさ、だるさといった体の苦痛だけではなく、不安や抑うつといった心の苦痛、仕事や家族、経済的な問題などの社会的な苦痛などがあります。 このような苦痛は、患者さん自身ががん治療に取り組む力を減少させてしまい、患者さん自身やご家族を精神的にも孤立させてしまいます。

緩和ケアは、がん患者さんの心身の苦痛を取りのぞき、患者さんとご家族にとって、自分らしい生活を送れるようにするためのケアです。

緩和ケアチームとは

当院は、2015年に「緩和ケアチーム」が発足しました。
メンバーは、外科医師、内科医師、緩和ケア認定看護師、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士・作業療法士、医療ソーシャルワーカーでチームを組み、 がんの痛みや心のつらさなど、様々な苦痛でお悩みの患者さんに対し、症状緩和を目標として積極的に取り組んでおります。

緩和ケア認定看護師ごあいさつ

はじめまして。緩和ケア認定看護師 惣田美香です。
がん患者さんとご家族が、がんを抱えながらもより良く過ごせるように、みなさまを担当している医師、看護師をはじめとする様々な職種と一緒に、どのようなケアが必要なのかを考え実施しております。 また、みなさまの症状や不安を和らげるために直接お話を伺うこともしております。ご自身や大切なご家族の、がんに関する悩みのあるる方は、お気軽にご相談くださいませ。
○お問い合わせ
月~金 (祝日除く) 午前9時~午前11時30分、午後1時~午後3時
市立柏原病院  がん相談支援センター
TEL:072-972-0885(代表) 内線1130

印刷用のPDFはこちら

がん相談支援センター

市立柏原病院 がん相談支援センターのご案内

市立柏原病院には、がん患者さんとそのご家族がお困りの時に手助けさせていただく担当者がおります。担当者は社会福祉士の資格を有しており、以下のような情報をお伝えすることや、ご相談に乗らせていただいております。何かありましたらご遠慮なくご連絡下さい。

がん相談支援センターの仕事

  • がんの治療方法やがんの予防、早期発見についての情報
  • 当院を含めた柏原近辺のがんを専門とする医療機関、医師の情報
  • 当院を含めたセカンドオピニオン外来の情報
  • 当院におけるがん患者サロン(がん患者さんとその家族が病院内で集う日程、場所)の情報
  • がん患者さんの療養上の相談や就労の相談
連絡先: 072-972-0885
(内線1130:がん相談支援センター)
相談時間:月~金(祝日除く)
午前9時~午前11時30分、午後1時~午後3時
▲このページトップへ
がん患者サロンのご案内
市立柏原病院ではがん患者さんとそのご家族が集い、語り合うための「がん患者サロン」の場を年に4回(平成28年度は、4月・7月・10月・1月)提供しております。
ふるってご参加ください。なお、参加料は無料です。

I. お役立ち情報
医療スタッフがお役だち情報をお話します。

II. おしゃべりタイム
患者さん(ご家族)同士の語り合いの時間です。
お好きな時間に帰っていただいて結構です。
参加ご希望の方は下記にご連絡下さい
連絡先: 072-972-0885
(内線1130:がん相談支援センター)
連絡時間:月~金(祝日除く)
午前9時~午前11時30分、午後1時~午後3時
▲このページトップへ
その他のがん関連情報

市立柏原病院 緩和ケア研修(健発第0401016号準拠)修了者

医師名 診療科 開催日 開催場所
天道正成
外科
2009年8月29日~30日
近畿大学医学部附属病院
佐藤博之
内科・病院長
2011年1月22日~23日
大阪市立総合医療センター
本田謙一
産婦人科
2012年6月9日~10日
多根総合病院
仲田文造
外科
2013年1月17日~18日
大阪市立大学医学部附属病院
高田さゆり
内科
2014年1月30日~31日
大阪市立大学医学部附属病院
小林大起
内科
2014年3月21日~22日
大阪市立総合医療センター
堀 武治
外科
2015年11月14日~15日
大手前病院
中川倫子
産婦人科
2015年11月14日~15日
大手前病院
高瀬亜紀
産婦人科
2015年11月14日~15日
大手前病院
黒田顕慈
外科
2015年11月7日~8日
堺市立総合医療センター
李 友浩
外科
2015年3月14日~15日
大阪市立総合医療センター
奥山正嗣
内科
2016年1月16日~17日
多根総合病院

2016年3月現在

市立柏原病院 PDCAサイクル


がん診療のPDCAサイクル(2015年-2016年)
PDCAサイクルとはPlan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4 段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する手法です。当院ではがん診療にこの手法を用いることにより、業務の改善を行っております。PDCAサイクルの内容は適宜、更新いたします。

項目 計画
(Plan)
実行
(Do)
評価
(Check)
改善
(Act)
標準的治療・集学的治療の提供体制
最新の標準的治療・集学的治療に基づいたクリティカルパスを当院で扱う全てのがん種について見直し、必要な改訂を行う。
外科、内科、泌尿器科、産婦人科、薬剤科が連携して改訂作業を行う
WGで各ガイドラインと改訂クリティカルパスの整合性を検討する。
整合性のない項目については各診療科とWGが連携して改善する。
手術療法の提供体制
がん手術件数を前年より10%増加する。
地域の病診連携を緊密にして、手術が必要ながん患者の紹介を増加するとともに、がん検診の広報を強化し、早期発見に努める。
3ヶ月ごとにがん手術実績を診療部長会議で報告する。
増加したがん手術を効率的かつ安全に施行できるように、手術場の環境整備と人員確保に努める。
化学療法の提供体制
外来・病棟で化学療法中に生じた有害事象について、関係者に周知し対策を考える。
化学療法委員会で事例検討を行い、重篤なものについては医局会、看護部会で周知する。
化学療法委員会よりWGへ重篤な副作用に対する対策を報告してもらい実効性を評価する。
実効性の乏しい対策についてはWGより化学療法委員会へ再検討を依頼する。
緩和ケアの提供体制
緩和ケアマニュアルを誰でもすぐに参照できる体制を作る。
緩和ケアマニュアルを電子カルテで閲覧できるようにする。また、携帯可能なポケットサイズの冊子を作成する。
緩和ケアチームにより使用者の意見を聴取する。
使用者の意見を反映して内容を改訂する。
病病連携・病診連携の協力体制
緩和ケアに関する地域連携を推進する。
柏原市周辺の医療施設等から多職種が参加する緩和ケアに関するカンファレンスを開催する。
WGが開催日程、参加人数を評価する。カンファレンス内容についての参加者の満足度をアンケート調査する。
参加人数が少なかったり、アンケート調査で満足度の低い場合はカンファレンスの内容を刷新する。
セカンドオピニオンの提示体制
セカンドオピニオンが受けられることをさらに広報する。
広報手段を広げる。
セカンドオピニオンの施行件数を集計する。
件数が増加しない場合は広報手段を再検討する。
研修の実施体制
国拠点病院が実施する合同カンファレンスに参加する。
合同カンファレンス予定情報を収集し、医師、看護師等に参加を要請する。
WGがカンファレンス参加状況を把握する。
参加が少ない場合は要請を強める。
がん相談支援センター
相談の質を高める。
担当者が国立がん研究センターが行う「相談支援センター相談員研修」を受講する。
受講した後、担当者に研修内容をWGで発表させ、業務の改善項目を全員で考察する。
改善項目について実行する。
院内がん登録
5年生存率を算出する。
登録症例の予後調査を行う。
WGで予後調査率を評価する。
予後調査が出来ない症例をリストアップして行政的に調査する。
臨床研究
質の高いがん臨床研究を行う。
教育研修委員会が臨床研究の質を高めるように研究者に指導及び支援を行う。
教育研修委員会で研究内容を評価する。
臨床研究実施中も研究者に学術的な支援を行う。
がん患者の療養生活の質
がん患者の運動能力を高め、行動領域を広める。
がん患者に対するリハビリを積極的に施行する。
リハビリ部門が日常生活に必要な基本的活動性を評価する。
活動性を高めるようにリハビリ方法の改善を行う。


市立柏原病院 院内がん登録件数


2014年の1年間で当院において診療を開始したがんの種類別の患者数です

▲このページトップへ
当院について外来のご案内診療科・部門特定健診所在地・アクセス
市立柏原病院
〒582-0005
大阪府柏原市法善寺1丁目7番9号
TEL 072-972-0885
FAX 072-970-2120

●診療科
 内科 外科 整形外科 小児科 眼科 産婦人科 皮膚科 放射線科 泌尿器科
●診療受付時間 : 平 日 8:20〜11:15   12:00〜15:00                     
●診療時間 : 平 日 8:45〜12:00  13:00〜17:00
※診療科目によって診療日時が異なります。詳しくはこちら

所在地・アクセス
Copyright © Kashiwara Municipal Hospital All Rights Reserved.